七英雄攻略:技/術による対策

2020年9月7日

ロマンシングサ・ガ2のラスボス、七英雄の攻略記事です。

ボリュームが凄い事になるので、何個かに分けて、表面的な所から細かい仕様まで解説します。

このページのまとめ

💡デバフはかめごうら割り、イド・ブレイク、活殺獣神衝がオススメです。
💡バフは祝福、妖精光がオススメです。
💡魔法盾で多くの物理攻撃が対策できます。
💡装備では状耐性を重視しましょう。

デバフの有用性

デバフを行う事で劇的に難易度が低下します。

技・術効果
かめごうら割り斬打突射 半減(確定)
イド・ブレイク魔力-3、理力-3
活殺獣神衝腕力-5、素早さ-5
流し切り腕力-5
骨砕き腕力-3(確定)
クリムゾンフレア理力-3
熱風素早さ-5
デバフ攻撃(上からオススメ)

七英雄は7体に個々のパラメータが設定されてますが、基本的にロックブーケ以外のパラメータは使用されてません。

なので、最初のロックブーケの時にデバフしておけば、本体討伐まで永続的に能力は低下します。ヴォーテクスでも変化しません。

素早さのみ多少使用されているらしく、素早さの高いノエルとワグナスが早めに行動する傾向にあります。

「破壊するもの」や「エッグ」は形態変化でリセットされるので楽だね!

特にかめごうら割り、イド・ブレイク、活殺獣神衝は強力です。イド・ブレイクによりメイルシュトロームを含む全ての術が弱体化します。

なお、かめごうら割りと骨砕き以外のデバフは必ず効果が生じるわけではないので、3回くらい打っておくといいです。

なお、バフ・デバフは重複ではなく上書きされます。活殺獣神衝→骨砕きをすると「腕力-3、素早さ-5」となってしまいます。

バフの有用性

バフも使うと劇的に難易度が低下します。

祝福腕力・魔力上昇(棍棒Lv/6 + 2)
妖精光自分の素早さ上昇(天+水Lv/3 + 2)
エアスクリーン斬殴突射雷 防上昇(風Lv/3+2)
水舞い斬殴突射熱 防上昇(水Lv/3+2)
金剛力腕力上昇(地Lv/4 + 2)
竜脈自分の腕力・器用さ・魔力・理力・素早さ・体力上昇(水+地Lv/7 + 2)
重ねがけ可能、行動後に元の数値に戻る
スペルエンハンス魔力上昇(棍棒Lv/6 + 2)
バフ技(上からオススメ)

バフもヴォーテクスにより変化しません。ロマサガ3やサガフロ2と異なり、ターン経過により減衰もしません。

特に祝福と妖精光は強力です。腕力だけ上昇させるなら祝福より金剛力の方が効果は高いです。

妖精光は攻撃速度だけでなく、回避率も劇的に上昇します。トラウマ級のダメージで有名な「触手」ですが、素早さの高い最終皇帝、軍師、イーリスなどにはほぼ当たらなくなります。体術のダメージも増大します。

竜脈は限定的な強さがあります。重ね掛けできるので、妖精光以上に攻撃が当たらなくなります。行動すると効果が解除されますが、防御では解除されないので、インペリアルアローの最前列や鳳天舞の陣の皇帝が強力な壁になります。

また、竜脈は「幻体戦士術」と合わせれば攻撃面でも最強のキャラになります。詳しくは別コラムで解説しますね。

魔法盾、魔法壁について

魔法盾や魔法壁を使用する事で、多くの攻撃を無効化する事が出来ます。

魔法盾名効果
金剛盾斬殴突+射熱冷雷状 属性100%回避
斬殴突 or 射 属性65%回避
ソードバリア斬属性100%回避
魔法盾

魔法壁名効果
ミサイルガード射属性のみの攻撃 100%回避
光の壁使用ターンの全属性ダメージを半減
天+地Lv26以上で敵全体に雷属性ダメージ
炎の壁使用ターンの火属性ダメージを全軽減
火+地Lv26以上で敵全体に熱属性ダメージ
魔法壁

ソードバリアと金剛盾はヴォーテクスによって打ち消されますが、その分汎用性が高いです。また、ソードバリアと金剛盾は併用できず上書きされます。

金剛盾の方がストーンシャワーや触手を65%回避可能など汎用性は高いです。地術をつけてないキャラをソードバリアで補うのが良いと思います。

ミサイルガードは防げる攻撃がノエルの一部のみですが、ヴォーテクスでも打ち消されないので有用です。ただ、炎の壁や光の壁との併用はできず上書きされます。戦力に余裕があれば光の壁連打の方が断然有用です。

装備の指針

デバフやバフ、魔法盾や魔法壁を使う事で、かなりの割合の攻撃を防ぐ事が出来る事がわかって頂けるかと思います。

駆使するとソロでも3~4割くらいの勝率で倒せるバランスですが、逆に言うとロマサガ2は術法を縛るとかなり難易度が上がります。

サガシリーズ全体の傾向でもありますが、ラスボス戦は技や術で物理攻撃の対策は取りやすいため、その他の対策を装備で補う形となります。装備の指針は下記のコラムでまとめてます。

特に「状耐性」の優先度が高い事が下記の全攻撃リストよりわかって頂けるかと思います。

おまけ:七英雄の全攻撃リスト

おまけで七英雄の全攻撃リストを載せます。

対策可能なもののみなので、ヴォーテクスなどは載せてません。

  • 各七英雄:頭文字(ロ/ス/ノ/ボ/ク/ワ/ダ)で記述、本体:で記述
  • ミ:ミサイルガード ソ:ソードバリア
  • 金:金剛盾 ◎100% ○65%
  • 見:見切り可 ◎モンスターより見切り可 ○味方からのみ見切り可

ちょっとうろ覚えな部分もあるので、回避できない技/術が混ざってたらごめんなさい…

見切りに関しては、マリオネットはモンスターからは見切れないですが味方から簡単に見切れます。フルフラットはリマスター版だとドレッドクイーン第1形態から見切れます。

技/術七英雄AB攻撃属性命中
テンプテーション120
ウインドカッター斬射必中
体力吸収85
ゴーストライト80
ダークスフィア90
電撃必中
サイクロンスクィーズ必中
触手(弱/強)80
カマイタチ100
流し切り95
つむじ風115
音速剣130
稲妻斬り斬雷105
骨砕き100
マリオネット75
動くな50
フェイント130
フルフラット100
ペイン必中
ソウルスティール必中
ポイゾナスブロウ必中
ゴーストライト80
サイコバインド160
フレイムウィップ必中
ウインドカッター斬射必中
ヘルファイア熱冷必中
ふみつけ必中
体当たり100
チャージ100
ツノ80
くし刺し突射100
メイルシュトローム必中
水鳥剣95
月影100
催眠60
ダブルヒット80
冷気(全体)必中
イルストーム70
ホラー100
サクション80
熱風必中
ゴーストライト80
ストーンシャワー必中
キック120
気弾殴射130
ダブルヒット80
一文字突き90