サガフロ2:簡易年表と地名の紹介

サガフロ2では歴史が淡々と描かれているため、キャラクターの関係などがわかりにくいと言われます。

設定を知るとサガフロ2の魅力が深まると思うので、パーフェクトワークス&アルティマニアを頼りに整理してみました。

ゲーム中に出て来る範囲の設定を主に、資料のみにしか出て来ない設定を若干色付けして記載してます。

簡易年表

出来事ギュスターヴ編ウィル編
1212サン・ジャブイーユの戦い。シュッド侯国がフィニー王国に敗れる
1218アルヌークの戦い。ノール侯国がオート侯国に敗れる。ノール侯ソフィーがギュスターヴ12世と結婚。
1220ギュスターヴ誕生
1227ギュスターヴ13世、ファイアブランドの儀式に失敗ギュスターヴ追放
1227ギュスターヴ13世、グリュ-ゲルへ亡命故郷を離れて
1232ギュスターヴ12才
1233ギュスターヴ13世、ワイドに移住ギュスターヴと鍛冶屋
1235ギュスターヴ15才ウィルの旅立ち
1236再会大砂漠のメガリス
1238潜入!アレクセイ一味
1239ソフィー死去病床の母対決!アレクセイ
1240ギュスターヴ13世、ワイド占領ワイド奪取
1242ギュスターヴと海賊
1243オート侯国がフィニー王国に敗れる
カンタールがオート候継承
1244フィニー王国がメルシュマン地方を統一鉱山にて
1245カンタールがマリーと結婚
1245ギュスターヴ12世死去
ギュスターヴ13世。ネーベルスタンを配下に
父の急逝
1246グラン・ヴァレを越えて
1247上陸タイクーン・ウィル
1248バケットヒルの戦い。ギュスターヴ14世処刑バケットヒルの戦い
1248兄弟再会
1249フィリップがフィニー国王を継承ハン・ノヴァ建設
1250フィリップ、ファイアブランドの儀式に失敗
1255フィリップ2世暗殺。フィリップがドラゴンにファイアブランドの悲劇
1251鉱山にて(鉱山崩壊)
1256ギュスターヴ13世がアニマ教徒根絶を宣言
第一次南方遠征。グラン・タイユ北部を掌握
アニマ教の噂
1257ウィル対エッグ
1259ギュスターヴ13世、ヴァンアーブルを従者に
1260第二次南方遠征。グラン・ヴァレを境に支配権確立暗殺者ヨハン
1263第三次南方遠征。グラン・ヴァレを掌握
1264フィリップ3世、ファイアブランドの儀式に成功
1264ネーベルスタン死去将軍の想い出
1265第四次南方遠征。ラウプホルツに侵攻
1269メルツィヒの変。第五次南方遠征の最中、ギュスターヴ13世消息不明南の砦で
1269カンタールが謀反。メルシュマン地方を制覇
1269ハン・ノヴァ円卓会議。ケルヴィンとカンタールが対立ギュスターヴの後継者
1269カンタールがハン・ノヴァに進軍ハン・ノヴァ炎上
1275樹海へ
1276モンスターの巣へ
1277生命の木の島
1280化石洞窟へ
1285
あの空に虹を
1287ギュスターヴ15世、ファイアブランドの儀式に成功
1288カンタール死去
ケルヴィンがハン・ノヴァ入城、諸候盟約調印
カンタールの死
1289ナ国ショウ王がケルヴィンを召喚。チャールズが代わりにナ国へ
1290ソールズベリ平原の戦い。フィリップ3世がラウプホルツに辛勝ケルヴィン最後の戦いエッグ再び
1290ミスティの企み
1291~1292フィリップ3世死去
ファイアブランドがギュスターヴ15世に継承
エッグとの死闘
1292ケルヴィン死去
1295ギュスターヴ15世が出奔
1297デーヴィドがラウプホルツに赴き和解
1300偽ギュスターヴ誕生
1301エーデルリッター
1303第一回和平会議和平会議
1305ジニーの旅立ち
1305ジニーの冒険
1305巨虫のメガリス
1305ハン・ノヴァの戦い。チャールズ戦死
第六回和平会議。デーヴィッドが東大陸の全権を放棄
ハン・ノヴァの戦いエッグを追って
1305ヌヴィエムがメルシュマン諸侯を代表し北方軍を編成ギュスターヴの陣営へ
1305サウスマウンドトップの戦い
ギュスターヴの剣がグスタフに
連合軍が勝利。ハン・ノヴァ条約締結
サウスマウンドトップの戦いサウスマウンドトップの戦い
1306北大陸奥地へ
1306最後のメガリス

さらに簡易な年表

  • バース侯ギュスターヴ12世がメルシュマン地方を統一。
  • ギュスターヴ13世とソフィーがグリューゲルへ亡命。5年後にヤーデへ移住。
  • ギュスターヴ13世がワイドを占領。術不能者を集めて鋼鉄軍を起こす。
  • ギュスターヴ13世がフィニー侵攻。ギュスターヴ14世を破る。
  • フィリップ2世暗殺を受けて、ギュスターヴ13世がアニマ教徒根絶と南方制覇を宣言。
  • ギュスターヴ13世が南方遠征にて行方不明。
  • オート侯カンタールが謀反。メルシュマン地方を制覇。ギュスターヴ13世の意志を継いだヤーデ伯ケルヴィンと、フィニー王国の統治者カンタールが対立。
  • オート候カンタール死去。相続争いによりオート侯が弱体化。
  • オート候ヌヴィエムの奸計によりヤーデ伯ケルヴィンが消耗。ケルヴィン死去。
  • ギュスターヴ12世の死後に数多現れた偽ギュスターヴの一人が、ハン・ノヴァ元老院に取り入る形で台頭。
  • デーヴィッドが南大陸の全権を放棄する形で、和平会議がまとまりを見せる。偽ギュスターヴ殲滅に向けて連合軍が編成される。
  • ヤーデ侯デーヴィド率いる西方軍、メルシュマン諸侯を代表したオート侯ヌヴィエム率いる北方軍、ラウプホルツの南方軍の連合軍がサウスマウンドトップの戦いで偽ギュスターヴ軍を退ける。

地名の簡易紹介

東大陸

最南端に術発祥の地があり、術を重んじる傾向が強い。

メルシュマン地方

東大陸の北端。バース侯領、シュッド侯領、ノール侯領、オート侯領の4つに分かれ、紛争の絶えない地方。

バース侯ギュスターヴ8世の時代に西部のフィニー島を獲得し、フィニー王国が成立。

テルム:バース侯領にあるフィニー王国の都。

ロードレスランド

東大陸の中部。「領主不在の土地」と呼ばれる、古代帝国滅亡後の長い間統治者のいない土地。

ヴェスティア:ロードレスランドの中央部。アナス川河口の村。

ハンの廃墟:アナス川の約15km上流。古代帝国の都ハンの跡。

バケットヒル:ハンの廃墟の東側。1248年にギュスターヴ13世軍とギュスターヴ14世軍が衝突。

石切場跡:アナス川の源流にある、かつての石切場。今はモンスターの巣になっている。

ユノー海岸:ロードレスランドの最西端。1247年にフィニー侵攻を決意したギュスターヴ13世が南大陸より上陸。

ハン・ノヴァ:ヴェスティアの北東。ギュスターヴ13世がハンをイメージして建設。

サウスマウンドトップ:ハン・ノヴァの北東。1305年に西部・北部・南部連合軍と偽ギュスターヴ軍が衝突。

スヴェルドルフ鉱山:ロードレスランドとグラン・タイユの境界付近。アニマに感応する石が採掘される。1250年にカンタールが管理を一任される。1251年に崩壊。1276年にケルヴィンに依頼されたエレノアらが調査。

ソールズベリ平原:ロードレスランドとグラン・タイユの境界付近。1290年にヤーデ伯フィリップ3世軍がラウプホルツと衝突。

グラン・タイユ

ロードレスランドとヴァイスラントを繋ぐ長細い地域。

樹海:ロードレスランドとグラン・タイユの境界。スヴェルドルフ鉱山の南。モンスターの巣になっている。

夜の街(シュヴァルツメドヘン):グラン・タイユ北部。1257年にギュスターヴ13世が掌握。

メルツィヒ:グラン・タイユ中央部。1269年、メルティヒの変にてギュスターヴ13世が行方不明に。

グラン・ヴァレ:東大陸を東西に分断する峡谷。山賊が公然と高い通行料を取っている。

ヴァイスラント

術発祥の地。

ラウプホルツ:ヴァイスラント地方北部。芸術家たちが多数居住し、文化面が成熟した町。ギュスターヴ13世の複数回の南方遠征を退けた、強靭な軍を持つ。

ヴァイスラント:東大陸最南端の町。先祖から受け継がれた炎のクヴェルが流通している。

南大陸

ナ国周辺

ワイド:南大陸の東部にある半島の北部。

ヤーデ:南大陸の東部にある半島の南部。東大陸で衰退した鍛冶技術が受け継がれている。

ナ国

南大陸の西部

グリューゲル:ナ国の首都。インネル川の北岸。

フォーゲラング:南大陸北西のタウゼント湖に隣接する村。南東に岩荒野、南に大砂漠がある。水のツールが市場の2倍で取引されている。

北大陸

開拓を始めて間もない新大陸。

ノースゲート:北大陸の玄関口の港。

Appendix

パーフェクトワークスにしか記載のないような細かい地名や詳細な位置などが、下記のサイトにまとめられています。

https://seesaawiki.jp/sf2museum/

サンダイル史や細かい戦争の背景などを記載されています。

https://wikiwiki.jp/212_on/