アンサガ攻略:合成術

アンリミテッド:サガの攻略記事です。

このページのまとめ

💡合成術を使うだけなら合成術パネルL2で十分です。
💡術合成はそのキャラが所有している全ての術の威力が上がるため、合成術に変化しなくても有用です。
💡合成術パネルは履歴に占いを20~30回以上追加した後、短いシナリオでひたすらセーブ&ロードを繰り返して取得すると良いです。

合成術の取得

合成術の仕組み

各キャラに「術合成」のパネルをはめる事で、合成術が使えるようになります。

パネルなのでレベルが高いほど能力値が上がりますが、合成術自体の威力には何の影響もないです。合成術を使いたいだけならL2で十分です。

また、複数の術合成パネルをはめても各キャラで使える合成術は1個だけです。

合成術は上図のように、ムービングフェイズでパネルを使う事で合成できます。

ベースとなる術(上図だと炎の矢)に、他の3個の術(上図だと太陽風・サイコノイズ・デテクトブラッド)を合成します。合成により「HPコスト」と「威力」が上がりますが、特定の組み合わせだと全く別の術に変化します。それが一般的に「合成術」と呼ばれます。

なお、合成対象のベース術(上図だとクリムゾンフレア)だけでなく、そのキャラが所有している全ての術の威力が上がります。(全ての術のHPダメージに一定の「合成倍率」が付加されます) 術合成パネルは例え合成術に変化しなくても非常に強力です。

下記「オススメの合成術」を観るとわかりますが、ベースとなる術に対して「合成する3個の術の合計の五行値が一定以上」になる事で別の術に変化します。増える五行値は術ごとに決まってます。

また、例えばクリムゾンフレアだと「炎の矢ベース」「太陽風ベース」のように、2種類の術から変化できる術もあります。ベースごとに必要な五行値も変わります。

また面白い事に、術の変化はファミリア経由で使う術にも影響を与えます。火のファミリアL3以上を経由してクリムゾンフレアを使う事も可能です。

あまりやらない事だけど、もし術合成パネルを別のパネルで上書きしても、最後の合成の記録(術の変化、威力の変化)は残るよ。

術合成パネルの取得

「履歴」の調整

アンサガには「履歴」という概念があります。

シナリオ終了時に取得できるパネルは「履歴」を元に決定されます。解体真書106pには履歴とその派生先(優先度高/中/低の3種類)が記載されています。術合成はほぼ「占い」からの派生一択になります。

履歴
占い占い聞き耳、外交術合成、道案内、おしゃれ、立ち直り
禁術術合成、外交、鋼の意思、術の達人
履歴ごとの優先度

履歴の中には、ループするもの(各武器・各術・ファミリアなど戦闘系全般)と100でカンストするもの(非戦闘系全般)があります。術合成の派生元となる「占い」は後者になります。

また、履歴はムービングフェイズのみ加算される事と、シナリオクリアしてもリセットされない事も重要です。

パネルの取得作業

基本的には短いシナリオでひたすらセーブ&ロードを繰り返して取得します。下記記事にある「魔道板確認用シナリオ」のストックを崩す事になります。低いレベルのパネルしか出ませんが、ネガティブパネルやマスタリーが出にくい分術合成の確率が高くなります。

短いシナリオの前に、他のシナリオで履歴を調整しておきます。

ひたすら宝箱に「占い」を行うのですが、100回カンストまでは不要で20~30回で十分です。また占いのリールで×や爆弾が出た場合も履歴に追加されますが、リトライ分は履歴に加わらないので一旦あきらめて再挑戦してください。

パネルの完全な状況再現は難しいのですが、シナリオを全く同じタイミングで終わらせると同じパネルが出現します。BGMを聴きつつ、タイミングを少しずつずらしながらシナリオを終えます。

下記は周辺のフレームでのパネル出現例です。数フレームに渡って術合成パネルが出現しているのがわかると思います。

高レベルの術合成パネルが欲しい場合は通常の長いシナリオに対して「邪道ロード」という方法を使います……が上記の方法より倍以上は時間がかかりますよ。

その他雑感

一度追加した占いの履歴はリセットされないので、別の履歴追加が致命的で術合成パネルが全く出なくなるという事はないです。ただ他の非戦闘系パネルの履歴もリセットされないので相対的に確率が低下する可能性はあります。戦闘系パネルの履歴がループしたタイミングも影響している可能性はあります。

序盤のサファイアが術合成パネルが出やすいのは「初期履歴」に予め占いが多いだけだと思ってます。「占い」パネルがパネル選択画面に頻繁に出現するキャラはいつかは「術合成」パネルも出現します。

術合成と競合する「聞き耳」「外交」「道案内」を予めパネルに埋める事で多少の確率上昇は見込めますが、パネルが崩れるデメリットの割に効果は薄いです。

あと、「キャラの位置を入れ替えるとパネルが移る」という事があるようですが、私は上手くいった経験はないです。

試行回数に勝るものはないよ。結局は根性だね。

オススメの合成術

クリムゾンフレア

最強の単体術。炎の矢ベースで作成する事で火のファミリアL3~経由で使用する事ができるのがメリットですが、エフェクトが長いのがデメリットです。

太陽風かサイコノイズを必要とするため、概ねアマティ必須です。

炎の矢ベース411015
・太陽風310011
・サイコノイズ002003
・デテクトブラッド200002
クリムゾンフレア(炎の矢ベース、威力+60)
太陽風ベース522003
・ファイアウォール301110
・デテクトブラッド200002
・岩石弾021001
クリムゾンフレア(太陽風ベース、威力+40)

石の雨

最強の全体攻撃。土のファミリアL3~経由で使用する事ができます。

命中率の観点で土の五行値より技の資質を要求されるため、非常にキャラを選びます。クン=ミンがオススメ。ジュディやアンリも良いです。

魔印とサイコノイズを要するため、概ねアマティ必須です。

岩石弾ベース040006
・魔印020002
・サイコノイズ002003
・炎の矢120001
石の雨(威力+55)

神雷

強力な単体術。クリムゾンフレアよりエフェクトが短いためオススメです。ファミリアからは使えないのがデメリット。

ガルネリとマディーニから作れるので、比較的難易度は低いです。元から召雷を覚えているノースが有利。

召雷ベース000550
・メディテーション110130
・アイスニードル002300
・オーバーグロウス010120
神雷(威力+40)

サンダークラップ

強力な全体術。難易度が低いのが魅力。

バブルブローベースで作成すると水のファミリアL5経由となりますが、クラウドコールベースで作成すると水のファミリアL3~経由で使用する事ができます。

バブルブローベース003330
・メディテーション110130
・スーパーソニック003201
・何でも
サンダークラップ(バブルブローベース、威力+15~)
バブルブローベース003330
・水遁000300
・木遁000030
・金遁003000
サンダークラップ(バブルブローベース、威力+30)

ゴールドフィンガー

強力な石化術。金のファミリア経由で使用する事が出来ます。

金の五行値は全く不要ですが、命中率が低く技の資質を要求されます。

デテクトゴールドベース005004
・金遁003000
・デテクトアンデッド000202
・サイコノイズ002003
ゴールドフィンガー(デテクゴールドベース、威力+50)
マジックロックベース204003
・ショック002011
・ウェポンブレス202100
・デデクトアンデッドなど000002
ゴールドフィンガー(マジックロックベース、威力+25)

リフレッシュ

最強の回復術。状態異常も全て回復するので、ラスボス戦やレインボーグッキー戦などに1人は持たせたい術です。水のファミリアL4~経由で使用する事ができます。

合成の難易度も低いです。

ピュリファイベース000450
・水遁000300
・木遁000030
・オーバーグロウス010120
リフレッシュ(威力+15)
ピュリファイベース000450
・召雷200220
・メディテーション110130
・クラウドコールなど010210
リフレッシュ(威力+15)

Appendix

全般的な知識がまとめられています。

https://wikiwiki.jp/unsaga/

履歴や状況再現などに関して深く考察されています。

http://gedounosyo.blog.fc2.com/