ミンサガ攻略:主要ボスの攻略

2022年11月3日

ロマンシングサ・ガ ミンストレルソングの攻略です。

手元のセーブデータの都合でまだ未完成です。順次アップ予定です。

このページのまとめ

💡ボスの前に幾つか連携を構築していきましょう。
💡ジュエルビーストは物理防御と術法防御のバランスを取りつつ、凝視耐性をつけ、HP21%を切るタイミングで一気に押し切ります。
💡デスは前列の物理防御を固め、4の倍数のターンで使う開門に合わせてHPをしっかり回復しておきます。アニメート対策で戦闘不能は海賊などを用いて最速で回復させます。
💡サルーインはディスティニーストーンを捧げなければ無策でも倒せます。低BPの陣が出る連携で柱を破壊後、高BPの大技で一気にダメージを与えましょう。
💡サルーインはラストダンジョン1~3階でミニオンにとどめを刺した技を100%ディフレクトします。

連携の構築

下記のボスと戦う前に、軽く連携を組んでおきましょう。連携はダメージの割合増加だけでなく、相手の防御力の半減効果もあります。

連携は技ごとに設定されている「連携属性」を観ながら、忘れずに□ボタンで行動順を指定して連携率を上げます。連携属性の「付与」と「受け入れ」が多く一致するほど連携率は上昇します。

大技の5連携と、3連携を幾つか、前もって組んでおきましょう。

2~3連携は下記Appendix2の「連携クイックチェッカー」を使えば簡単に組むことが出来ますよ。

あと、陣は出してもダメージも連携のしやすさも変わらないので、サルーイン戦以外は意識しなくて大丈夫です。「連携率」という表示はただの演出です。

技名停止123移動123上昇12落下12
共震剣
金のトロイメライ
イド・ブレイク
低コスト3連携の例
技名停止123移動123上昇12落下12
変幻自在
ヴァンダライズ
不動剣
高速ナブラ
三龍旋
5連携の例

また、無足・加撃・奥義に派生する技は連携属性が拡張されるため、連携がしやすくなります。少し意識すると連携率を上げられます。

  • 細剣:カットイン、小転、衝突剣 など
  • 長剣:払い抜け、カットイン、衝突剣、スイッチバック など
  • 両手大剣:払い抜け、クロスブレイク、秘踏みの太刀、スイッチバック、スイングダウン など
  • 小型剣:カットイン、小転、衝突剣 など
  • 大型剣:払い抜け、クロスブレイク、スイッチバック、スイングダウン など
  • 刀:払い抜け、秘踏みの太刀、逆風の太刀、スイッチバック など
  • 曲刀:カットイン、衝突剣、かかと斬り など
  • 衝槍:チャージ、石砕無尽、流星衝 など
  • 打槍:チャージ、スイッチバック、痛打 など
  • 片手斧:フライ・バイ、スイッチバック、旋回撃、かかと斬り など
  • 両手斧:クロスブレイク、スイッチバック、スイングダウン、アクセルターン、旋回撃 など
  • 弓:連射のみ
  • 棍棒:どら鳴らし、スイッチバック、はじき打ち、アクセルターン、痛打 など
  • 杖:どら鳴らし、払い抜け、はじき打ち、痛打 など
  • 体術:流体拳、サブミッション など

ジュエルビースト

行動パターン

ジュエルブラスターは覚醒状態からの戦闘時のみ使用します。眠り状態からの戦闘時には使用しません。

通常は7ターンに1回程度となりますが、HP21%以下の時は2ターンに1回使用する可能性があります。HP21%を切ったら一気に倒し切りましょう。

行動属性対象基本効果
マルチプレックスアイ ×1~2回エネルギー敵単体攻撃-精神
マヒ付加、凝視属性
叩きつけ ×2回打撃敵単体攻撃-腕力
押しつぶし打撃敵単体攻撃-体力
スターライトFSエネルギー敵単体攻撃-ビット
コズミックタイドエネルギー敵全体攻撃-ビット
ジュエルブラスター火炎、冷気、電撃、エネルギー敵全体攻撃-次元、INT↓
ジュエルビーストの攻撃パターン(その他)

Zパターンの時は、下記からランダムで4回行動となります。

行動属性対象基本効果
ヘルファイア火炎敵単体攻撃-知力
ウォーターガン打撃、冷気敵単体攻撃-知力
ウインドカッター斬撃敵単体攻撃-知力
ロッククラッシュ打撃敵単体攻撃-知力
火幻術火炎敵単体攻撃-幻術
エナジーボルトエネルギー敵単体攻撃-知力、ショック
サンライトアロー火炎、エネルギー敵単体攻撃-知力
シャドウボルトエネルギー敵単体攻撃-知力
ジュエルビーストの攻撃パターン(Zパターン)

対策

特に使用頻度の高いマルチプレックスアイと叩きつけ×2回、強力な全体攻撃である押しつぶしに対処します。

マルチプレックスアイは凝視耐性かマヒ耐性で対策します。ベストは「水鏡の盾」ですが、人数分揃えるのも大変なので「邪眼の魔除け」で代用できます。邪眼の魔除けはコンスタンツ・アサシンギルドで計2個入手出来る他、ランダム宝箱やジャム/デーモンコマンドのドロップで入手できます。

水鏡の盾の凝視耐性は盾ガードではなく耐性なので、例え盾発動しない武器種でも凝視は100%防げます。後述の「セルフバーニング盾」を使うキャラには優先的に持たせておきたい所です。

押しつぶしはSTR低下では対処できないので、素直に物理防御を上げます。Zパターンの各術に対処しながら、ガーラル補強でひたすら物理防御を積みます。術法防御も重要なので、防具の物理防御強化までせずアーマーブレスで補います。

怪魚の石鱗、タイタスグリーブが多くあるほど楽になります。不足分はディスティニーストーンである程度補えます。

武器の空きスロットを精霊石の杖やオブシダンソードで埋めて術耐性を補っておきましょう。

部位防具名補強材物理術法コメント
水鏡の盾凝視耐性
スマートヘルムガーラル14+30%14+10%
フィールドアーマーガーラル36+30%36+10%耐火冷+5、耐電-5
ドミナントグラブ怪魚の石鱗
ガーラル
13+20%
13+30%
13-10%
13+10%
斬撃+5、水耐性
斬撃+5
タイタスグリーブ
レッグメイル

ガーラル
10
14+30%
10
14+10%
耐雷+10、土耐性
アンバーマリーチ11耐火冷雷エ+5
ポケットドラゴン
ガーディアンリング
邪眼の魔除け


1
10
1
1
10
1
耐火冷電+10
耐状+5
凝視耐性
武器精霊石の杖 ×n個
オブシダンソード



耐火冷雷エ+5
耐斬突打+10、気耐性
装備例:ジュエルビースト戦

戦闘時の行動

戦闘開始後、リヴァイヴァ or セルフバーニング、アーマーブレスで補強します。

アーマーブレスは愛依存なので、魔術Lvは気にせず持たせてもいいです。DEFアップなのでターン経過で減衰しません。戦闘不能では解除されますが、リヴァイヴァで蘇生した場合は解除されません。

リヴァイヴァとセルフバーニングは同じ「魔法盾」なので上書きされます。どちらを使うかは好みです。

セルフバーニングは火耐性の他、盾発動率が飛躍的に上がるため、長剣などと相性がいいです。水鏡の盾ならジュエルブラスターすら盾ガードします。もちろん、術法など盾ガードの発動しない行動時に火炎や冷気を食らえば消えるので、適宜貼り直しましょう。

リヴァイヴァはセルフバーニングの使えない・盾ガードの発動しない武器種を使うキャラへの保険です。1人~2人覚えていると楽です。

全術に耐性がある他、打耐性も高めです。斬や突属性の技を中心に攻撃しましょう。

ジュエルビーストはHPが低いので、序盤でステータスを盛ったらBPを節約しつつダメージを与え、残HP21%になるタイミングで高BP技で一気に押し切りましょう。

デス

行動パターン

攻撃の多くは生命の刈り取りと死の一閃です。生命の刈り取りは最前衛対象なので、前衛に物理防御を固めたキャラ1人だけを置いておき、他は中衛以下に配置します。前衛のクラスはローザリア重装兵がオススメです。

開門は、最初のターンを0ターン目と数えて、4の倍数のターンにほぼ確定で使用します。28の倍数のみライフスティールかデスレインになります。

アニメートは戦闘不能者がいる場合に20%の確率で使ってきます。アニメートで操られると死ぬまで回復不可です。戦闘不能者が複数いると使う確率が増すので、戦闘不能時は絶対放っておかず先制して回復しましょう。

行動属性対象基本効果
死の一閃斬撃敵単体攻撃-腕力、即死
生命の刈り取り斬撃敵最前衛攻撃-腕力
開門冷気敵全体攻撃-次元、ライフ攻撃
デスレインエネルギー敵全体ライフ攻撃
ライフスティールエネルギー敵単体ライフ攻撃
アニメート状態異常敵単体回復-死操、アニメート付加
デスの攻撃パターン(その他)
行動属性対象基本効果
エナジースティールエネルギー敵単体攻撃-吸収
イーヴルウィスパー状態異常敵単体サポート、混乱付加
ペインエネルギー敵単体攻撃-知力、スタン
ウィークネス状態異常敵単体サポート、STR↓
カース状態異常敵単体サポート、呪い付加
デスの攻撃パターン(Zパターン)

対策

物理防御を中心に固めつつ、開門で死なない程度の冷防を積みます。ペギーハートがあるとそれだけでかなりの冷防を上がられます。

骨のお守りなどでライフ攻撃耐性をつけると長期戦にも耐えられます。

ムーンストーンで邪術耐性がつけられますが、Zパターン自体が頻度が低いのでドミナントグラブ優先でいいです。

死の一閃でたまに即死しますが、即死耐性までは入れる必要はなく、都度回復で問題ありません。

部位防具名補強材物理術法コメント
水鏡の盾凝視耐性
スマートヘルムガーラル14+30%14+10%
フィールドアーマーガーラル36+30%36+10%耐火冷+5、耐電-5
ドミナントグラブ
ムーンストーン
ガーラル
13+30%
1
13+10%
1
斬撃+5
邪耐性
レッグメイルガーラル14+30%14+10%
ラストリーフ
骨のお守り
ペギーハート


1
1
1
1
1
1
ライフ攻撃耐性
ライフ攻撃耐性
耐冷+30、耐電-30
ポケットドラゴン
ガーディアンリング

1
10
1
10
耐火冷電+10
耐状+5
武器精霊石の杖 ×n個
オブシダンソード



耐火冷雷エ+5
耐斬突打+10、気耐性
装備例:デス戦

戦闘時の行動

戦闘開始後はアーマーブレスと、好みでリヴァイヴァで補強します。セルフバーニングは前衛の盾ガード率を上げたい場合は有効です。

前述の通り、開門は最初のターンを0ターン目として、4の倍数のターンにほぼ確定で使用します。

戦闘不能になるとアニメートを受けるので、開門の前後でしっかり回復しておきましょう。海賊を入れるか、ウコムの鉾や水竜剣経由で隊列による速度補正を利用して先行で癒しの水が打てるようにしておくと良いです。

デスは打撃耐性が低め・射突耐性が高めに設定されてるので、打属性メインで連携を組みます。グランドスラムが特に有効なので、グランドスラム始点の連携を組むといいです。

デスはHPこそ高いですが特に攻撃パターンの変化もなく単調なので、開門を耐えられる冷防とHP、頑強な前衛、与ダメージが少なく長期戦になる場合はライフ攻撃耐性、の3つがあれば特に苦戦はしないと思います。

サルーイン(ディスティニーストーン献上数≦5、オブシダンソード未献上)

行動パターン(第1形態)

1周目は5個以上のディスティニーストーンを献上できないため、行動回数は1回のみとなります。

アニメートはデスと同様、戦闘不能者がいる場合に20%の確率で使ってきます。アニメートで操られると死ぬまで回復不可です。戦闘不能者が複数いると使う確率が増すので、戦闘不能時は絶対放っておかず先制して回復しましょう。

またこれもデスと同様に、空閃は最前衛対象なので、前衛に物理防御を固めたキャラ1人だけを置いておき、他は中衛以下に配置します。前衛のクラスはローザリア重装兵がオススメです。

最初のターンを0ターン目と数えて、4の倍数のターンに30%の確率で空閃が絶空閃に変更されます。空閃・絶空閃は魔法盾(リヴァイヴァ、セルフバーニングなど)を解除する効果があるので、適宜かけ直しましょう。

サルーインの使う術は味方の使うものと違い、各種状態異常が付与されます。

サルーインのHPが70%を切ると、全ての行動をキャンセルして強制的に第2形態に変化します。

行動属性対象基本効果
サルーインソード斬撃敵単体攻撃-腕力
空閃斬撃敵最前衛攻撃-腕力、魔法盾解除
※絶空閃エネルギー敵全体攻撃-次元、魔法盾解除
4nターン目のみ。0ターン目は除く
ヘルファイア[E]火炎敵単体攻撃-知力
ウォーターガン[E]打撃、冷気敵単体攻撃-知力、毒付加
ウインドカッター[E]斬撃敵単体攻撃-知力、ライフ攻撃
ロッククラッシュ[E]打撃敵単体攻撃-知力
火幻術[E]火炎敵単体攻撃-幻術、狂戦士付加
氷幻術[E]冷気敵単体攻撃-幻術、マヒ付加
雷幻術[E]電撃敵単体攻撃-幻術、気絶付加
エナジーボルト[E]エネルギー敵単体攻撃-知力、ショック
サルーイン(第1形態)の攻撃パターン(4n+2、4n+3、4nターン目)
行動属性対象基本効果
サルーインソード斬撃敵単体攻撃-腕力
空閃斬撃敵最前衛攻撃-腕力、魔法盾解除
神威・無窮自在斬撃敵単体攻撃-腕力
サルーイン(第1形態)の攻撃パターン(4n+1ターン目)
行動属性対象基本効果
アニメート状態異常敵単体回復-死操、アニメート付加
サルーイン(第1形態)の攻撃パターン(その他)

行動パターン(第2形態)

1周目は5個以上のディスティニーストーンを献上できないため、行動回数は1回のみとなります。

4n+1+a、4n+1+a以外の2パターンですが、aは戦闘ポイントによって変わるため起点は判断できません。4n+2+aターン目のみ40%の確率で心の闇を使用します。

アニメートは第2形態では戦闘不能者がいる場合に20%→40%の確率に増加します。戦闘不能者が複数いると使う確率が増すので絶対先行で回復しましょう。

ゴッドハンドはほぼ即死ダメージです。さらに即死効果が付加されますが、即死効果で死んだ場合はリヴァイヴァが発動しません。諦めて大人しく回復しましょう。ディフレクト可能なので、城塞騎士を置くと効果的です。

心の闇はディスティニーストーン献上数5個以下だと全能力値-10・DEF-10のみです。特に対策は不要です。

行動属性対象基本効果
ゴッドハンド打撃敵単体攻撃-腕力、即死
心の闇※エネルギー敵単体攻撃-知力、ネガティブ
4n+2+aターン目のみ
ヘルファイア[E]火炎敵単体攻撃-知力
ウォーターガン[E]打撃、冷気敵単体攻撃-知力、毒付加
ウインドカッター[E]斬撃敵単体攻撃-知力、ライフ攻撃
ロッククラッシュ[E]打撃敵単体攻撃-知力
火幻術[E]火炎敵単体攻撃-幻術、狂戦士付加
氷幻術[E]冷気敵単体攻撃-幻術、マヒ付加
雷幻術[E]電撃敵単体攻撃-幻術、気絶付加
エナジーボルト[E]エネルギー敵単体攻撃-知力、ショック
エナジースティール[E]エネルギー敵単体攻撃-吸収
アビス[E]状態異常敵単体サポート、即死
ペイン[E]エネルギー敵単体攻撃-知力、スタン
クラック[E]打撃敵全体攻撃-知力、スタン
火の鳥[E]火炎敵全体攻撃-知力
サルーイン(第1形態)の攻撃パターン(4n+1+aターン目以外)
行動属性対象基本効果
ダークネビュラ[E]エネルギー敵全体攻撃-知力、魔法盾解除
デルタ・ペトラ[E]エネルギー敵扇形(狭)攻撃-知力、石化付加
クラック[E]打撃敵全体攻撃-知力、スタン
火の鳥[E]火炎敵全体攻撃-知力
ヴォーテクス状態異常敵味方全体サポート、魔法盾解除
サルーイン(第2形態)の攻撃パターン(4n+1+aターン目)
行動属性対象基本効果
アニメート状態異常敵単体回復-死操、アニメート付加
剣の雨斬撃、打撃敵全体攻撃-次元、柱復活
サルーイン(第2形態)の攻撃パターン(その他)

ミニオン戦の影響

ラストダンジョン1~3階の単体ミニオン戦でとどめに使った技は100%ディフレクトされます。

  • 2つの月の神殿・ウコムの海底神殿・凍り付いた城など、他の場所のミニオン戦はおそらく関係ない。
  • ラストダンジョン4階のミニオン戦もおそらく関係ない。
  • 無足・加撃・奥義はディフレクトされない。
  • 連携の場合、最後の技のみディフレクトされる。

基本技や術はディフレクトされないので、ミニオンにとどめをさす場合は意識するといいです。

柱の仕様

剣の雨は柱の本数が1本でも残っていた場合、最初のターンを固定で15ターン目と数えて、7の倍数のターンに柱の復活とともに使用します(最初は第2形態になってから7ターン目)

つまり重要なのは、柱が1本もなければ剣の雨は使用しないという事です。

また、柱が残っているほどダメージが通りにくくなるため、柱の破壊を優先しましょう。

柱によるダメージ軽減率

ダメージ × (30 ― 柱の残存数)/30

柱はどの攻撃でも破壊できますが、連携すると連携数分破壊、陣が出るとさらに2倍破壊されます。低BPの陣が出る連携(三柱陣、龍陣、聖獣陣など)で柱を破壊後、高BPの大技で一気にダメージを与えましょう。

また、グランドスラムはターン中とターン後の2回判定されるので、グランドスラム起点の連携を組むと有用です。

対策

盾は竜鱗の盾>水鏡の盾>アースガードです。竜鱗の盾はそうそう取れないのでアースガードが現実的です。

タイタスグリーブで土耐性、怪魚の石鱗で水耐性がつきますが、ディスティニーストーン献上数≦5の時はドミナントグラブ(ガーラル補強)、レッグメイル(ガーラル補強)で十分です。

水耐性がないとウォーターガンから毒を受ける場合があるので、集気法を用意しておくといいです。

ゴッドハンドの即死効果は、テオドール乱心後にコンスタンツからもらえる「お守り」と、ヴァンパイアの確定ドロップ「イシナスの髪飾り」の2アイテムのみ耐性があります。後者は頭防具を減らす事によってかなり防御力が悪化するので、使用は前者のみになります。

精霊石の杖か流星刀かは、術防か状防かで好みが分かれます。幻術の使用頻度が低い事、献上数≧6の時は心の闇の対策にならない事を考えると、精霊石の杖をオススメします。

部位防具名補強材物理術法コメント
竜鱗の盾耐火冷電+5
スマートヘルムガーラル14+30%14+10%
フィールドアーマーガーラル36+30%36+10%耐火冷+5、耐電-5
ドミナントグラブ怪魚の石鱗
ガーラル
13+20%
13+30%
13-10%
13+10%
斬撃+5、水耐性
斬撃+5
タイタスグリーブ
レッグメイル

ガーラル
10
14+30%
10
14+10%
耐雷+10、土耐性
お守り
アンバーマリーチ

1
1
1
1
気絶・即死耐性
耐火冷雷エ+5
ポケットドラゴン
ガーディアンリング

1
10
1
10
耐火冷電+10
耐状+5
武器精霊石の杖 ×n個
オブシダンソード



耐火冷雷エ+5
耐斬突打+10、気耐性
装備例:サルーイン戦(ディスティニーストーン献上数≦5)

戦闘時の行動

ディスティニーストーン献上数が少ないサルーインは、特に対策しなくても全く苦労せず倒せます。ある程度育っていれば無策でそのまま乗り込んでもいいです。第1形態・第2形態合わせてHP30,000なので簡単に押しきれます。

戦闘開始後はアーマーブレスやリヴァイヴァを貼っておきます。リヴァイヴァは空閃・絶空閃・ヴォーテクス・ダークネビュラで剥がれるので、必要に応じて貼り直しましょう。

第1形態はSTR低下技を入れると効果的です。第2形態はINT低下技を入れるといいですが、それよりも柱を折る事や与ダメージを優先しましょう。シャインインパクトが高威力で使いやすいです。

第2形態は低BPの陣が発動する連携で柱を減らし、柱が減ったら高BP技で一気にダメージを稼ぎましょう。

第2形態は戦闘不能時に高確率でアニメートされるので、海賊を入れるか、ウコムの鉾や水竜剣経由で隊列による速度補正を利用して先行で癒しの水が打てるようにしておくと良いです。

サルーイン(ディスティニーストーン献上数≧6、オブシダンソード献上)

詳細は最検証後にアップ予定です。現状は記憶を頼りに書いてます。

変化:ステータス

HPが献上数10で最大90,000となり、各ステータスも上昇します。

変化:行動回数

ディスティニーストーン献上数に応じて、行動回数が増加します。

第1形態

  • 5個以下:1回
  • 6~9個:1~2回
  • 10個:1~3回

第2形態

  • 5個以下:1回
  • 6~7個:1~2回
  • 8~9個:1~3回
  • 10個:2~4回

ただし、第2形態の4n+1+aパターンの時のみ、確定で1回行動です。

変化:オブシダンソード

オブシダンソード献上にて、サルーインソードがオブシダンソードに変更され、成長度の増加とライフ攻撃が付加されます。

行動属性対象基本効果
オブシダンソード斬撃敵単体攻撃-腕力、ライフ攻撃
サルーイン(第1形態)の攻撃パターン(その他)

変化:柱復活の周期

献上数≧6の時、柱復活のターンに50%の確率で追加で行動します。

その場合、次の柱復活が7ターン後→6ターン後に短縮されます。

変化:心の雨

全能力値-10・DEF-10から、全体にランダムの状態異常付加に変化します。

状態異常は、全能力-10&DEF-10・毒・眠り・悪夢・恐怖・呪いの6つのうちから選ばれます。

さらに、心の闇は耐状の数値は無視ので非常に厄介です。「魔石の仮面」など防具による耐性は有効です。たまに言われる「毒耐性を敢えてつけないことにより別の状態異常確率を下げる」という方法に効果はなく、耐性によって確率は変わりません。

対策

心の闇は水鏡の盾で盾ガード可能です。竜鱗の盾と2択になります。

献上数≦5の時と違い行動回数が増加する分術法の確率も上がるので、怪魚の石鱗改造とタイタスグリーブはほぼ必須となります。

心の闇の眠り対策に魔石の仮面が有効ですが、術法耐性の低下が顕著なので、メイジスタッフや幻獣剣経由で破幻術を使わせるキャラのみにつけておくと安心できます。

部位防具名補強材物理術法コメント
竜鱗の盾
水鏡の盾



耐火冷電+5
凝視耐性
スマートヘルム
魔石の仮面
ガーラル
14+30%
13
14+10%
13

耐火冷電エ状-6、眠り耐性
フィールドアーマーガーラル36+30%36+10%耐火冷+5、耐電-5
ドミナントグラブ怪魚の石鱗13+20%13-10%斬撃+5、水耐性
タイタスグリーブ1010耐雷+10、土耐性
お守り
アンバーマリーチ

1
1
1
1
気絶・即死耐性
耐火冷雷エ+5
ポケットドラゴン
ガーディアンリング

1
10
1
10
耐火冷電+10
耐状+5
武器精霊石の杖 ×n個
オブシダンソード



耐火冷雷エ+5
耐斬突打+10、気耐性
装備例:サルーイン戦(ディスティニーストーン献上数≧6)

各種状態異常は下記で対策します。

その他

  • アニメート:解除不可。ウコムの鉾、水竜剣経由で先行回復
  • 即死(ゴッドハンド):広域ディフレクト可能武器、お守り(耐性)。イシナスの髪飾りは防御力的に不可
  • ライフ攻撃:第1形態のみなので対策不要。ラストリーフ、骨のお守り(耐性)
  • その他:浄化の水

心の闇

  • 水鏡の盾:たまに盾ガード可能
  • 毒:集気法、浄化の水
  • 恐怖(ドクロ、50%行動不能):ムーンライトヒール、浄化の水
  • 眠り、悪夢:メイジスタッフ、幻獣剣経由で破幻術、浄化の水、魔石の仮面(耐性)
  • 呪い(ドクロが移動するエフェクト、全ステータスダウン):解除不可
  • アーマーブレス解除:再度アーマーブレス

クラスの選定

下記は非常に強力ですが、ゲームバランスが悪くなります。「幻体戦士術」も合わせて、多用しない方がゲームを楽しめます。

  • 竜人:「竜人障壁」による基本防御倍率と相手の速度値への影響により、ゲームバランスが著しく悪くなります。
  • ローザリア術法士:オーヴァドライヴやクイックタイムで相手を強制スタンさせられるので、ゲームバランスが著しく悪くなります。
  • ローザリア重装兵:基本防御倍率+0~0.5倍。複数人でディフェンスモード(防御+60%)で使うと相当楽なゲームになります。

下記は通常のゲームバランスの範囲です。

  • 海賊:速度値×1.05~1.25倍。アニメート対策で先行で回復するのに有効です。
  • 城塞騎士:広域ディフレクト確率向上がゴッドハンドの対策になります。ディフェンスモードで使用すると確率4倍。
  • クジャラート闘士:射撃タイプの技/術×1~1.25倍。
  • 剣士:基本攻撃倍率+0.1~0.3倍

Appendix1:アイテムの収集

レアドロップ

  • 怪魚の石鱗:化石魚のドロップ。進行度110%越えでも単体で出る場合もあります。お宝の地図と併せてマラル湖で収集。
  • 水鏡の盾:玄竜のレアドロップ。進行度110%以上だと単体では出にくいので、それ以前に回収するのが理想です。

ランダム宝箱

配置の決定はダンジョンに入った時点、中身の決定はフロアに入った時点、ダンジョンから出れば配置も中身もリセットされる事を意識しましょう。

オールドキャッスルが厳選しやすいです。お金に余裕が出てくる中盤からはランダム装備の宝箱は意図的に開けずに置いておくのがいいです。

  • タイタスグリープ:中盤でも出ますが、終盤ほど出やすい傾向があります。進行度110%で取得したお宝の地図ならLv1でも確実に取得できます。
  • アースガード:中盤でも出ますが、終盤ほど出やすい傾向があります。

お宝の地図

仕組みはランダム宝箱と同様です。配置はダンジョンに入った時、中身はフロアに入った時に決定、ダンジョンを出れば配置も中身もリセットされます。

  • アンバーマリーチ、ポケットドラゴン:最序盤からお宝の地図Lv1でも取得できます。
  • 流星刀:進行度110%で取得したなら地図ならLv1でも確実に取得できます。
  • 魔石の仮面:進行度110%で取得した地図ならLv1でも確実に取得できます。
  • 竜鱗の盾:進行度110%で取得した地図Lv4なら確実に入手できます。

Appendix2

各技/術の基本的データや、モンスターの行動パターンが網羅されています。

http://tyoikenkyu.web.fc2.com/

ものすごく有用性の高い連携クイックチェッカーが提供されています。

http://www8.plala.or.jp/ultianima/game/

ミニオン戦のディフレクトに関する調査結果があります。

http://eicos.blog86.fc2.com/